ニキビ用化粧品と普通の化粧品とはどこが違う?

ニキビ用化粧品というのは、ニキビができている人を対象にしてつくられた化粧品のことを言います。

石鹸や化粧水からメイクアップ化粧品に至るまでさまざまな種類が販売されているのが特徴です。

ニキビ化粧品では跡が残ってしまったような場合には化粧品を使った治すことは難しいのですが、たとえば軽いニキビの症状くらいなら、化粧品を変えるだけでその症状を改善させることが可能といわれているのです。

ニキビ化粧品は通常の化粧品とどのようなところが違っているのかというと、ビタミンC誘導体が入っているようなものもあれば、ヒアルロン酸などの保湿力が高い化粧品などもあります。

また緑茶の成分やお茶の成分が入っていることで皮脂の分泌による参加を防いだり、細菌などできることを防ぐということも可能です。

ニキビ化粧品の特徴としてはニキビの人を対象にしてつくられていますから、その分肌にやさしい素材でつくられているのが特徴です。

市販されている一般的な化粧品ではニキビができている時につけてしまうと刺激も多かったり、肌にとっていいとは言えないということがありますが、ニキビ化粧品ならその心配がありません。

ニキビ化粧品として今人気があるメーカーはプロアクティブですね。

プロアクティブはニキビ専用化粧水として販売されていますが、化粧水や洗顔料などを使うことでニキビができにくくなったり、ニキビが実際に出来ている人には改善につながる化粧品として知られています。

漢方薬でにきび治療ができるの?

ニキビ治療の方法として市販の薬を使わずに漢方薬を使うという人も意外に多いです。

市販の薬よりも即効性がないのが特徴ではありますが、ニキビそのものを治療するというのではなくて、体質そのものを改善させてくれるという働きがあります。

漢方薬を飲んでいくことでニキビができにくいような体質になるといわれています。

ニキビができる原因はホルモンのバランスが崩れていたり胃腸が弱っていることが原因とも言われていますから、ニキビを抗生物質で治療するという場合には、その時は治療につながるのですが、薬を飲むのをやめてしまったら、またニキビが再発するということはよくあることです。

しかし、ニキビに漢方薬治療を用いた場合にはそのニキビそのものに働きかけるというよりも自己治癒力、免疫力をアップさせるという効果がありますから、飲むことをやめたとしても、体質が改善されていることが多く、そうなるとニキビの再発がないといわれています。

ニキビの種類やニキビの原因によって漢方薬の種類というのは違ってきますから、それぞれに合った漢方薬を摂取するということがお勧めです。

漢方薬を手に入れるという場合には、薬局やドラッグストアでも販売されていますが、漢方薬を専門で取り扱っているようなところで、実際の症状を伝えて処方してもらうといのが一番です。

即効性はありませんが2週間から1ヶ月半もすれば効果は現れてくるでしょう。

ニキビ時の化粧水の選び方

ニキビを予防したり改善するためには肌の保湿は欠かせません。

乾燥がニキビの原因になっているとも言われていますからニキビをできにくくするためにも、ニキビ化粧水というのは必要なのです。

ニキビの人が化粧水を選ぶ場合には肌の状態に合わせて選ぶことが必要です。

ニキビ化粧水といっても一種類ではありません。

乾燥肌でニキビができている人もいれば、オイリー肌でニキビができている人もいますから、同じニキビ化粧水ではいけないのです。

自分の肌に合わせたニキビ化粧水を選ぶことがポイントです。

具体的にいうと、オイリー肌の人は脂っこい肌質になっていますかから、アルコールがはいっているような付け心地がさっぱりとするような化粧水がいいと思います。

この化粧水をつければ少し皮脂の分泌がおさまります。

そして乾燥している肌の人というのは、肌の状態があまりよくありませんからアルコールは刺激になりますのでノンアルコールタイプの化粧水を選ぶようにするといいと思います。

乾燥肌の人はしっとりとさせる保湿力が強いニキビ化粧水がお勧めです。

ニキビ化粧水はこのように肌質に合わせて選ぶことが大切ですが、共通して言えることとしては、どちらの場合も肌に刺激を与えないようなものを選ぶことが大切で、保湿のためにはたっぷり目にニキビ化粧水をつけてパッティングしたりして肌に保湿成分を注入するようにするといいでしょう。

首ニキビができる理由

首ニキビというのはあごのラインから、首の周りに出来てしまうようなニキビのことを言います。

首ニキビの特徴としては、少し固めでニキビを押してみるとしこりがあるような赤くはれているニキビになるということが特徴です。

特に思春期の頃にできるというよりは、20代以降に出来やすいといのが特徴です。

思春期ニキビではなくて、大人ニキビの一つです。

首というのは顔と比較してみると、それほど皮脂線は多くないのですが、一度できてしまうとなかなかニキビが治らないのが特徴です。

個人差があるのですが、悪化してしまった場合には色素沈着にもなりますし、ニキビ跡が残ってしまうという人も多いといわれています。

なぜ首ニキビはできるのでしょうか?

その原因も人それぞれあるといわれているのですが、ストレスや仕事などの環境を受けやすいといわれていますし、また過剰に脂分を摂取していることが原因とも言われています。

ストレスというのは首ニキビに限らず、あらゆる部分のニキビを出来やすくする傾向にあるといわれています。

他にも首ニキビができる原因としては顎から首の部分というのは意外と汗を普段からかきやすい部分でもあります。

運動をしに時でも気温によっては首に汗をかくことは多く、汗をかいたままにしておいた結果ニキビの原因になっているのです。

首ニキビの治療法としてはできるだけ早めに対処するということが大切です。

治療法としては抗生剤の投与やレーザーなどの治療が一般的です。

チョコレートを食べすぎるとニキビができやすい、都市伝説?

チョコレートを食べすぎるとニキビができるとよく言いませんか?

チョコレートを食べた次の日に、鏡で顔を見てみると顎に出来ていたり、首筋にニキビができているという人は多いと思います。

チョコレートとニキビの関係は実際にはそれほどないとは言われているのですが、チョコレートを食べてニキビができている人が多いのが現状です。

これはチョコレートに限ったことではありません。

チョコレートの中に含まれている脂分が原因です。

チョコレートの中にはかなりの量の油が含まれています。この油がたくさん含まれているチョコレートを食べたことによって体の中では、摂取した大量の油を早く外の出さなくてはいけないという指令が出されるのです。

チョコレートを食べた次の日に限らず、たとえば同じ油が多く含まれているようなポテトチップを食べた場合にもニキビができていると思います。

チョコレートを食べるときだけニキビができるということではなくて、要は、ニキビの原因になる過剰な脂の摂取によってニキビができるということですね。

そしてこの油を摂取したことによってニキビができるという症状は、必ずしも誰もが起きることではなく、やはりニキビが出来やすい体質の人に起きやすいことです。

普段からニキビが出来やすい体質の人は、できるだけ脂っこいものを一度に食べすぎないように注意して、甘いものがたべたいとおもったら、脂分が少ない和菓子などを食べるようにするといいかもしれませんね。