ニキビ対策はやっぱり事前のケアが一番です

ニキビケアとして普段から何かしていますか?

最近はニキビケア化粧品などもたくさん販売されるようになりました。

たとえばニキビの人を対象にしているスキンケア化商品として洗顔石鹸から化粧水などのスキンケア化粧水でニキビの人を対象にしているというものも色々と販売されています。

またメイクアップ化粧品でもニキビケア化粧品としてファンデーションや下地なども皮膚にやさしい作りのものなども販売されています。

ニキビケアをしてくためには普段よく使っているような化粧品についても見直していく必要があります。

またニキビケアとして有効な方法としてはニキビの原因を知って、その原因のための対策や予防をすることも大切です。

なぜニキビができているのかよく考えてみましょう。

ニキビができた理由をよく考えることでニキビケアにつながります。

たとえば暴飲暴食がひどい人や、食生活が偏っていて栄養バランスがとれていないという人はニキビケアとして食生活の見直しが必要です。

他にも毎日寝る時間が遅い人、睡眠時間が短いという人に対しても、生活習慣を見直すということがニキビケアにつながります。

ニキビケアの方法は自分がなぜニキビになっているのかということによっても違ってきますから、ニキビの原因をまずは知ることから始めましょう。

ニキビケアのための正しい洗顔方法や正しいお手入れの方法なども知ったうえでニキビを毎日少しずつでもケアしていくことが大切です。

あごニキビは油断大敵なんです

にきびができる場所というのは人それぞれ違っていると思いますが、あごににきびができるという人も中にはいるのではないでしょうか。

あごにきびができてしまう原因というのは一つではないので色々なものが重なって原因になっています。

まず、思春期の頃にできるにきびよりも、あごにきびはどちらかというと大人ニキビの種類の一つと考えていいと思います。

あごのラインやフェイスラインなどに出来てしまうのですが、比較的悪化しやすい傾向にあります。

また一度できて治ったとしても、またあごにきびは出来やすいとも言われているので繰り返されることもよくあるのではないでしょうか。

何度も同じ場所ににきびができてしまうということは、それだけ何度も治療して治ってを繰り返すわけですから当然あごににきび跡が残るということもよくあります。

あごのにきびの治療法というのは間違えると悪化して何度も繰り返してしまう癖が付きますから注意しましょう。

ではあごにきびというのはなぜできるのでしょうか。

その原因は男性ホルモンが関係しているといわれています。男性ホルモンの分泌が活発になることで皮脂の分泌量も多くなり、それがあごにきびの原因につながるといわれているのです。

ということはあごにきびが出来やすいという人は男性ホルモンの分泌が多いということになります。

女性の場合にはホルモンのバランスが崩れている時などにもあごにきびが出来やすいといわれています。

ストレスがたまっていることも原因の一つなので注意しましょう。

ニキビ治療は自分でしちゃダメ!?

ニキビ治療の方法は色々とあります。

なかには普段自分でニキビ治療をしているという人もいるかもしれません。

しかし、できればニキビ治療は自分で行わない方がいいでしょう。

なぜなら間違ったニキビ治療をしてしまうと、完治しないばかりか完治までに時間がかかったり、最悪の場合にはニキビが悪化してしまう可能性が高いのです。

ですからニキビ治療をする場合に自分で荒療治的なことをするのは避けましょう。

具体的なニキビ治療の方法としては、まず一つ目としてでき始めてすぐに皮膚科へ行くという方法があります。

皮膚科へ行って適切に処置を早い段階でしてもらうことでかなり悪化を食い止めることができますのでお勧めです。他にも皮膚科で処方される塗り薬や飲み薬を飲むことで治療になります。

膿が中にたまっているニキビができるという人もいると思いますが、ニキビ治療で自分で膿を出してしまう人もいます。

この方法をすると皮膚が必ず傷つきますし、膿ができていた部分にバイ菌が入ればさらにニキビが悪化してしまう可能性がありますので、本当は膿ができるまで放っておくのではなくて、もっと早めに皮膚科へ行くことをお勧めしますが、行けずにいた場合でも、ニキビの膿を自分で出すのではなくて、皮膚科へ行って出してもらうようにしましょう。

ニキビ治療は正しい方法や知識が必要です。

この正しい方法を間違えてしまうと治るどころか悪化しますので十分に注意しておく必要があります。

ニキビの原因は体の内側?外側?

ニキビの原因というのは人それぞれ違っているといわれているのですが、一般的にはホルモンのバランスが崩れていること、睡眠不足であること、そして食生活の乱れや生活習慣の乱れなどもニキビの原因になるとも言われています。

また現代はストレス社会とも言われていますが、ストレスがたまっているということからニキビになってしまうというケースもおいといわれているので、ニキビが出来やすいのです。

今紹介したようなニキビの原因はどちらかというと、内的要因と呼ばれるものです。

ニキビの原因の中には外的要因と呼ばれるものもありますので覚えておきましょう。

ニキビの外的要因としては、自分の肌に合っていないような化粧品を使っていることがまず一つにあげられますし、肌を清潔に保っていないことから活性酸素が原因でニキビになっているとも言われています。また冬の場合などは乾燥が原因でニキビができるとも言われています。

ニキビの外的要因もこれだけ色々と種類があるのですが、個人差もあり、自分のニキビの原因が、外的要因なのか、内的要因なのかしっかりと理解したうえで治療法を見つける必要があります。

中には遺伝や毎日のタバコ、アルコールなどが原因でニキビになるというケースもあるようですから、自分の生活習慣や食生活などを見直してみて、自分のニキビの原因を探ってみるということも大切です。

そのうえで治療法を決めたり予防策を考えるのが一番ではないでしょうか。